雨漏りや崩落などの危険を防ぐ!外壁工事をしたことない人にもわかりやすく解説

当サイトでは外壁工事をしたことがない人にもわかるように、工事をすることの利点や必要な理由を紹介しています。
工事業者による貼り替えや重ね貼りの対応が可能かどうかや、最もコストを抑えた塗装などを理解しておくことで安心して依頼できる業者を見つけるチャンスにつながるからです。
工事をすることでどんなメリットがあるのかなどを正確に把握することで、より一層安全性にこだわれます。

雨漏りや崩落などの危険を防ぐ!外壁工事をしたことない人にもわかりやすく解説

外壁工事を定期的に行ったほうがいい理由の一つに、雨漏りや崩落の危険性を防ぐことがあげられています。
外壁を古いままにしておくと、ひびや隙間から雨風が侵入し、家の建材を傷める可能性が高いです。
長期間放置しておくことで建材が腐敗し、家の崩落につながる可能性があります。
定期的に外壁工事を行うことで雨風が家の中に侵入することを防ぐ確率がアップし、安全に暮らし続けられるようになるため、工事を定期的に行ったほうがいいといわれているのは事実です。

壁の状況によって違う外壁工事の種類

壁の状態によって実は選択肢が違ってくるのが、外壁工事の種類だといえるのではないでしょうか。
築年数が10年程度でまだ塗装の劣化が見られるくらいであれば、塗装の塗り替えで済むことが多いです。
この時にひび割れなどの劣化を補修して耐久性の高い塗料を使用すると、塗り替え前よりも長い耐用年数に期待できます。
壁を撤去してから新しくする外壁工事は、作業の内容をあらわす通り張り替え工事と呼ばれています。
雨漏りが発生して内部にまで劣化が進行している場合は、防水性を回復する必要があるのでこの方法が選択されます。
外壁工事のついでに壁の種類や色が変更できるので、機能だけでなく見た目もリフレッシュ可能です。
重ね張りは撤去なしに新しい壁を上から貼りつけるやり方で、割りと選ばれている外壁工事です。
張り替えほどではなかったり、予算が限られていて費用を安く抑えたいといった場合に適していますから、いずれも施工の違いや適した壁の状況は明確で、選択に迷うことはまずないのではないでしょうか。

外壁工事に適用できる助成金はある?

住宅品質の向上は市民生活の安定や社会ストックとしての良質な住宅の確保につながるという観点から、多くの自治体では一定の要件を満たした住宅工事に対して助成金を支給する制度を設けています。
上手に活用すれば、工事費の節減に役立てることができます。
助成の内容は自治体ごとに異なりますが、おおむね共通しているのは資源保護や省エネルギーなど、社会全体にも良い影響をもたらすような工事が対象になっているということです。
内装や設備だけでなく、外壁工事もそうした対象に含まれています。
多くの自治体が実施しているのが、省エネルギー性能を高めるような外壁工事に対する助成です。
具体的には、遮熱性能や反射率の高い壁材や塗料を使った工事です。
これらの材料を使えば、室内の温度が外からの影響を受けにくくなるため、結果的にエアコン等の使用量を削減することができます。
また、劣化しにくい材料を使うことで、住宅の長寿命化に貢献するような工事に対しても助成金が支給されることがあります。
自治体によっては、新築・リフォーム両方に適用されます。

外壁工事が必要になる築年数とは?

外壁工事が必要とされる築年数は一般的に10年が目安ですが、実際のところはどうなのか気になるのではないでしょうか。
10年というのはあくまでも目安の1つなので、劣化が早ければ外壁工事のタイミングも早まりますし、逆に劣化が緩やかなら急ぐ必要はなくなります。
ただ築年数が10年目に差し掛かったら状態を確認したり、工事をすべきかどうか検討や判断を行うことは大切です。
劣化状態を評価するポイントの1つは塗装で、退色していて粉っぽく見えたり、手で触れて粉が付着するようなら要注意です。
また塗膜が剥がれたり壁に亀裂が入っていると、加速度的に外壁が劣化する恐れがあるので、先送りせず早めに外壁工事を検討した方が良いです。
他にもカビや苔、藻と錆の発生が外壁工事を判断する目安で、見ても分からない場合はプロに診断してもらうことをおすすめします。
塗料の塗り替え中に隠れている問題が表面化することもあるので、目安までまだ年数があると油断したり素人判断をせずにプロに相談するのが賢明ではないでしょうか。

外壁工事はDIYで自分でもできるか?

外壁工事は部分的な補修程度ならDIYでできなくもありませんが、全面となると作業量が多いので、経験がない人にとっては難しいのではないでしょうか。
そもそも工期と費用が掛かる専門的な外壁工事を考えると、素人が見よう見まねでできるものではないです。
少なくとも壁の洗浄と養生や下地の処理、下塗りや上塗りといった工程の意味とやり方を知ることが不可欠です。
当然ながら道具も揃えなくてはいけませんし、2階建てであれば足場も必要になってきます。
足場の組み立てにも専門性がありますから、DIY精神でどうにかなるものではないといえます。
ただ、資格を持っていたり現場作業の経験がある人は別で、必要なものや作業の注意点を知っていれば、外壁工事に挑戦してみるチャンスがあると考えられます。
未経験の素人であっても、経験者の協力が得られれば一緒に挑戦できますし、外壁工事を業者に任せずに仕上げられますが、少しでも失敗が不安なら素直にプロに任せるのが正解ではないでしょうか。

外壁工事に関する情報サイト
外壁工事について知りたい!

当サイトでは外壁工事をしたことがない人にもわかるように、工事をすることの利点や必要な理由を紹介しています。工事業者による貼り替えや重ね貼りの対応が可能かどうかや、最もコストを抑えた塗装などを理解しておくことで安心して依頼できる業者を見つけるチャンスにつながるからです。工事をすることでどんなメリットがあるのかなどを正確に把握することで、より一層安全性にこだわれます。

Search